« 2006年1月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年2月19日 (日)

山スキーへの道<1> ほぼ初めてのスキー

いつか山スキーをやってみたいと思い、奥伊吹スキー場にほぼ初めてスキーの練習に行ってきました。
最初は斜面でちゃんと止まって立っていられないぐらいですが、スキーも山もベテランの師匠Sさんに指導して頂いて、なんとかボーゲンでくねくね蛇行して(※ものすごくゆっくりと、しかもゆる〜い斜面で)滑れるようになりました。

2006021901_1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

今日も台高 明神平

天気:雪
今日も明神平へ行ってきました。(4名)
帰るまで雪が降り続き、とても寒かったです。
今回の主な目的は滑落停止練習ですが、できれば桧塚奥峰まで行けたらいいなと思っていました。
残念ながら時間の関係で行くことはできませんでしたが、楽しく滑落停止練習をすることが出来ました。

09:15 駐車場
急な林道をゆっくり登った。
09:30 登山口
1月の末に来たときより、だいぶ雪が多い。
20060212-02

20060212-01
11:25 明神平
ガスがかかる明神平に到着。前山方面も水無山方面も何も見えない。お腹がすいたので、立ったままパンを食べた。10分程度ですぐ出発
20060212-03
12:15 明神岳
時間が時間なので、桧塚方面は断念。今日のようにトレースが全然ないなんてチャンスはめったにないと思うのでちょっと残念だった。次回は出発時間をもっと早くすることにする。
樹氷の林の中を写真を撮りながらゆっくり歩いて三ツ塚に戻る。

20060212-04

20060212-05

20060212-06

20060212-07

12:35 三ツ塚
三ツ塚を通過して、前山から少し下ったところできちんとお昼ご飯を食べた。
その後滑落停止の練習をしようとするが、新雪が深くて全く滑らず、とりあえず形を練習。
そのあとむりやり滑ったふりをしての滑落停止練習と、そのほかのピッケルの使い方練習。
終了後、人気の無くなった明神平を通過して、どんどん下る。道端の尻セード跡を利用して、またしても滑落停止練習!ここはよく滑ったので、ちゃんと練習できて大満足!
さらに下る途中、明神滝の下あたりでテルモスのフタを谷底に落としてしまい、ザックを置いて取りに下った。同行のMAさんが拾ってくれた。(ありがとうございます!)谷底からの登り返しの急斜面で、またピッケルの練習ができて満足!!
15:38 登山口
15:50 駐車場

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

篆書にはまりました

「角川書道字典」を見ていて篆書にはまりました。
篆書を見ていると、人が踊っているように見えてきて、中には笑えるようなもの、やりたい放題な感じのものなどがあり、篆書が作られた時代に生まれて、漢字を作る人になりたかった!とちょっと思いました。(当時はきっと呪術などもからんでいて、楽しいものではなかったかもしれませんが)
筆はうまく使えないので、マジックでいろんな漢字を書いて遊んでいると時間が経つのを忘れます。
書の心得が全く無いので字典でみたのを写しているだけで、しかも書き順もよく分からないまま書いているので、完全に自己満足だけの世界です。
うれしいのでちょっとだけ載せさせていただきます。
下の図は左から「大峰奥駆」「鈴鹿縦走」「亀之旅(カメの旅)」です。
20060208-02
(「角川書道字典」伏見冲敬編 角川書店  より)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 5日 (日)

鈴鹿 綿向山(1110m)

鈴鹿の綿向山に行ってきました。(6名)
今日は鈴鹿の南の方の尾根を縦走する予定でしたが、雪でいろいろ大変そうなので、安全な綿向山に予定変更。雪の降る中、登ってきました。積雪量は少なめでした。
人気の山なので、雪が降っていても多くの人が登っていました。天気が悪かったので、頂上からは何も見えず、ちょっと残念でした。

09:30 御幸橋駐車場
新雪なのでとりあえずアイゼン無しで出発。
09:45〜09:55 ヒミズ谷出合小屋
暑くなってきたので着衣を調整。
10:15 一合目
10:32 二合目
10:43 三合目
10:48〜11:00 あざみ小舎
小屋でちょっと休憩。一人ひそかに雪で人型を作って遊ぶ。
20060205-01

10:20 五合目
黙々と歩き続ける。
11:35 七合目
11:50〜12:00 行者コバ
ここまで来ると、樹氷がますますきれいになり、写真を撮りまくる。
20060205-02

行者コバにある役行者の像も写真に撮る。
20060205-03

20060205-04

20060205-05
ここからは尾根の直登になった。けっこう急斜面なうえ、雪が少ないため蹴りこんでもステップが作れず、トレースの無い場所でも、雪がガチガチでやはり蹴りこめず、しんどくなってきたため、急斜面の途中でアイゼンを付けた。
12:30〜13:00 頂上
20060205-06
残念ながら真っ白で何も見えず・・・。ケルンのまわりでお昼を食べていた方達と、ちょっと立ち話をしたり、写真を何枚か撮ったりする。
お腹は空いていたが、寒すぎるので、少し降りたところで食べることにして、降り始める。
?〜13:50 行者コバの10分手前地点で宴会
寒くてたまらなくなり、早々に撤収する。
14:00 行者コバ
14:25 あざみ小舎
14:50 ヒミズ谷出合
15:20 御幸橋駐車場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年8月 »