« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月12日 (月)

不動岩2007/02/12

不動岩に行った。今日もKさんとTさんとご一緒させていただいた。
氷ノ山から帰ったばかりで体が重くアプローチの登りがしんどかった。高いのでめったに飲まないアミノバイタルproを飲んでみたら、少しましになった。
今日は東壁中央をすこしずつルートを変えて3本と、ハチの巣ハングの左側を登った。
ハチの巣ハングの左は、途中の逆層のところは、とても登れそうにないので、左から巻いて、上部のスラブは途中から左の岩の間に逃げ込み、そのまま上まで抜けたので、登れたとはとても言えないが、これだけ楽をしても私にとっては充分登りごたえがあった。
本日も楽しい一日でした。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

魔の山 氷ノ山

初級登山学校で氷ノ山へ行ってきました。

前夜遅く麓に到着し、雨の中テントをはって仮眠。朝雨は上がっていたが、泥まみれ状態でテントを撤収してリフト乗り場に向かい、8時にリフトが動き出すと同時にリフトに乗って氷ノ山国際スキー場を目指した。実はリフトは苦手で、スキーの時はいつも転んでリフトを止めているので、ものすごく緊張する。
なんとか無事に2本を乗り継ぎ、スキー場到着。ゲレンデの下の方は雪がまだらにしかなくて、お客さんもほとんどいない状態だった。
スキーパトロールの事務所に登山届けを提出して、水を汲んで、ワカンを付けて身支度して出発。
うっすら雪が積もったゲレンデのはしっこを歩いて登山口を通過、登山道に入ると少しは雪が積もっていた。ただ積雪の量はあまり多くはなく、階段の段差が埋まらずに残っており、なかなかしんどい。
階段の多い登りの後、避難小屋に到着。
ここからは、そんなにきつい傾斜はないので、安心していたのだが、気温が高いため雪がくさって足を取られるし、場所によっては、雪を踏み抜いて、ひどい時には膝上や腰近くまで埋もれ、そこから這い出す度に体力を浪費してしまう。自分の余力がどのぐらい残っているのか計算しつつ、速めに感じるペースに付いて行く。交代でラッセルをしていたので、自分が先頭の時にはゆっくりと歩いて体力の温存につとめた。
もうあと30分〜1時間でばてるかも・・・というところで、本日の目的地、古千本に到着!(助かったぁ〜)
風がやや強い中テントを張った。今回私の所属する班は、私以外は、みんなコーチなので、私がうろうろしている間に、設営は完了。
その後、本日の山行の目的である雪洞作成に向かった。しかし、積雪量が少なく、吹きだまりを掘ってもすぐに笹や土が出て来てしまって大きなものは作れず、生徒5人で思い思いに一人用の雪洞を作った。私は簡単な縦穴式。あるていど掘った後、寒いので中にしゃがんで、他の人の雪洞の完成を待った。
もはややる事が無くなってしまったので、解散となり、テントに戻る。まだ明るいが晩ご飯にすることにした。

晩ご飯は水炊きにしたが、山にはいまひとつ合わない感じだった。どちらかというとちゃんこ鍋や味噌鍋、キムチ鍋のほうがいいようだ。今後はやめようと思った。晩ご飯をゆっくりとたべたが、それでも7時ぐらいには食べ終わり就寝。
夜中は雷が何度も鳴り、風も強く、雪も降り続いた。
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

不動岩2007/02/04

いつもCRUXでご一緒していて、登山学校でもとってもお世話になっているKさんとTさんに、岩の特訓をしていただけることになり、不動岩に連れて行っていただいた。

まずは、東壁の右寄りを登る。一番簡単なところなのだが、私にとっては、充分難しい。リードのKさんが、すたすたと登って行った場所を、ものすごく苦労して登る。後ろから追い付いて来たTさんが、「ここに足を置いて、ここを持って・・・」と教えてくれる。他のパーティの方も、私の苦しみぶりを見ていろいろとアドバイスをしてくれた。ビレイをしているKさんは私が焦っているのを察して「ゆっくり登りや」と言ってくれる。みなさんに助けられ励まされ、なんとか上まで行く事ができた。
次にだいたい同じところを登り、その次にもうちょっと左寄りの所を登り、少し岩に慣れた所で前回来たときに、恐くて登れず途中で下ろしてもらった逆Lへ。前回同様、核心に行く前から苦労する。なんとか瞬間芸の連続でやっと核心部に到着して、ピナクルの上に立ち上がるのは前回よりもスムーズに出来、じわじわトラバース。ここからつるっとした岩の下に乗りうつらないといけないのだが、足が届かない!もがいていると追い付いて来たTさんがスタンスを教えてくれたが、岩にべったり張り付いているので全く見えない。ここで右手の指をつっこんでいる穴の中でほんの5mm程指の位置をずらすと、なんといい感じでバランスが取れ、右手と左足を軸にして体を回転させる感じで乗り移る事が出来た!乗り移ったあとしばらくヌンチャクにぶら下がって休憩・・・その後も引き続き必死で、ランニングビレイを1個回収出来ずにTさんにお願いし、Tさん側のランニングビレイを何でだったか外してしまってザイル沿いに落下させてTさんにぶつけたりと、さんざんな事をやった挙げ句、上まで這い上がることが出来た。(Tさん本当にごめんなさい)
さんざんなことをやってしまったが、上までいけて本当に嬉しくて、終了点から見る景色がいつもに増してきれいに見えた。

200702041帰り路には駅前でKさんをはじめ、いろんな方達に教わりながらアブミを作成。
部品が足りなかったりして、完成しなかったが、その晩はうれしくて枕元にアブミを置いて寝た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »