« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月17日 (土)

烏帽子岩2007/11/17

烏帽子岩に行って岩に触った2
(いつかこのタイトルを「触った」から「登った」にしたいなぁ・・・)
2007111701
この日の為に買った新しい靴(EvolveのELEKTRA)で烏帽子岩へ!この靴は とっても柔らかくて、足にフィットするので、きつめでもそんなに痛くない。そしてちゃんとつま先に乗れる感じがする。きっとものすごく登れるかも・・・という期待に胸がふくらんでいた。
今日も事情があり、着いたのは13:00をはるかにまわっていた。それでも3本も触らせていただいた。(もちろんトップロープで!)

まずは「熊カンテ」へ。すったもんだの末、なんとか離陸。離陸さえ出来れば普通は上まで行けるそうだが、無理だった。大きく岩がえぐれた部分の手前で、どうしても左のカンテに出て行けず、下りた。

次は「アフターバイト」。これは1年前に初めて烏帽子に来た時に触ったが、どうしてもレイバックの形になれず、1cmも登れなかったルートだった。今回は取り付いてレイバックの姿にはなれたものの、ちゃんと登れず、出来の悪い尺取り虫のように暴れ回った末、力尽きてぶら下がる、ということを数回繰り返してやっと上のテラスへ。でも間違えて右に登ってしまったので、トラバースするはめに・・・ものすごく恐かった。へばり付いて、しばらくもぞもぞしていたが、下からの応援に後押しされてなんとかトラバース。その後あと終了点まで1m程登るだけなのだが、なかなか登れなかった。かたまっていると太陽がいっぱいをロウアーダウンしてきたMコーチが、「ここに足置いて!ここを持って!乗り込んで!」と教えてくれて、なんとか1段上れ、むりやり手を伸ばし、修了点にタッチして下りることが出来た・・・。

最後に「太陽がいっぱい」へ!ここは中級同期のMさんがトップロープを張ってくれて、登らせてくれた。下部は先週も1度触っているので、なんとか登って行けた。先週は「アフターバイト」の終了点の高さのところまで行って下りた。今回はここで1回テンションをかけてしまったが、なんとか続けて登れ、クラックの下部までは登れた。普通はここまで来れれば上まで行けるらしいが、やっぱり無理で、下りた。

登らせて下さった皆さん、ありがとうございました!これにこりずにまたよろしく御願いします。いつの日か上まで行けるよう、頑張りますー( ^_^)/


本日触ったルート

  • 熊カンテ(5.10a)
  • 太陽がいっぱい(5.9)
  • アフターバイト(5.9)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

初級岩登り教室 百丈岩

初級岩登り教室で百丈岩に行った。
前夜から中級登山学校の同期修了生全員で泊まり込み、宴会をした。
朝少し早く起きて、岩登り教室が始まる前に1本登らせてもらいに行った。
Mさんと下部岩壁へ。私はセカンドだけど、重さに慣れるため、キャメロットを全部持って行った。結構重い・・・。
下部岩壁では、まだ他には誰もとりついていなかった。Mさんは、順調に登り、下部岩壁上部を乗越して視界から消えた。一人取り残され、黙々とロープを出し続ける感覚は新鮮だった。しばらくたってビレイ解除のコールが聞こえ、登る番が来た。下部岩壁は初めてで、逆層なので苦労した。A0を交えて登り、トップロープ用の支点あたりから上に一段登る所では、アブミを使用した。乗り越した後はだらだらとした斜面で、少し登った所が終了点だった。
ここからしばらくは、ほぼ平らなので、ローソク岩の取付まで少し歩いて移動。
2Pめは、立ち木で自己ビレイをとってビレイ。岩質がもろいので、Mさんは慎重にホールドと支点を確認しながら登っていった。持ったらぼろっと崩れそうなところが沢山あるようだった。私も2Pめを登る時には、Mさんを見習って、慎重に確認しながら登った。
3Pめは大岩の間を縫って登る感じの短いピッチで、あっという間に終了点であるローソク岩のてっぺんに着いた。
中級修了生同士で登れたことにしみじみ感動しながらロープを巻いて、靴を履き替えた。見ると、初級岩登り教室関係者が下の集合場所に集まりつつあるようだったので、大急ぎで下山!
ε=ε=ε=ε=ε=┏( :・_・)┛集合時間にはぎりぎりで間に合った。

教室では同じクライミングジムに通うHさんと、いつも岩登り教室でお世話になっているGコーチとの3人パーティだった。まずは西壁。キャメロットをぶら下げている私を見てGコーチは「トップで行く?」と聞いてくださったが、逆層気味の西壁をトップで行く自信が無かったので辞退した。(-_-)ゞ゛
西壁2本を登り、次に東稜へ。順番待ちを利用して、東陵の左のアブミルートに挑戦した。Hさんはバランスがとても良く、最初からアブミの最上段に楽に立ち上がっていた。私よりよっぽど上手い・・・(また練習しようっと・・・)
アブミをやっている間に雨がぱらついたので、懸垂下降で下に降り、東陵の取り付きで順番待ちがてら、ごはんを食べた。
東陵は少し右側のハング気味の所からのぼった。左側から登るより少し細かい。少し登ったところからは大渋滞で、登り終えるのには大分時間がかった。上までいくとちょうど良い時間になったので、下山。
下山後は、運営スタッフの方達が用意して下さっていた焼きそば、づけごはん・・・と、美味しい物をお腹一杯いただき、とても幸せだった。
皆さん、お世話になりました!ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

烏帽子岩2007/11/10

烏帽子岩に行って岩に触った
烏帽子岩に行った。いろいろ事情があり、私は遅刻して行き、着いたのはお昼過ぎ。
それでも2本登らせていただいたが、歯が立たず、本当に触っただけで終わってしまった。

登れない私を連れて行って下さった皆さん、ありがとうございました。200711101

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

キャメロット大人買い!

まとまった臨時収入が入った。こんなにまとまったお金を手にすることは2度とない、と思ったので、キャメロットをセットで買う事にした。一刻も早く大金を手放してしまいたかったので、残業の合間に会社を抜け出して、買いに行った。
200711091
梅田駅前の店を3つばかり見て回り、一番安い店へ。「ここからここまで全部下さい!」と言って一気に買った。とっても気持ちが良かった。(もう一生ないだろうな・・・)ちょっとだけプリティーウーマン気分だった♪
200711092
レジで全財産を払い、気分もすっきり!(大金を手放して肩の荷が下りた。)ほくほく気分で会社へ戻った。
残業は、なかなかはかどらずに結局終電になってしまった。(=_=)が、幸せな気分は変らなかった。
家に着いたら、さっそくキャメロットに名前を書いた。幸せな一日だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

蓬萊峡2007/11/04

初級冬山第1回実技は朝から参加した。受講生の方が準備をしている間に緩斜面にフィックスを張り、緩斜面下部に懸垂下降のセットをした。支点が心配なので、コーチの方達にチェックしてもらい、いろいろ教えて頂いた。すごく勉強になった。
蓬莱峡では支点を立木からとる場合が多いので、手持ちのアンカーテープはあっという間に使い果たしてしまった。もっと沢山用意しておかないといけないと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

蓬莱峡で初リード

今日は初級岩登り教室にスタッフで参加させていただいた。大ベテランのTコーチに、受講生の方2人と私の4人パーティだった。まずは、屏風岩横の緩斜面を徹底的に上り下り。なるべく手を使わずに足だけで歩く。クライミングは歩きの延長上にある、という事がなんとなく分かったような気がする。(今までちゃんと歩けてなかったみたいで、翌日腰回り筋肉痛)さらに急斜面を登り降りする時には、立ち木から支点を取って受講生の方を確保させていただいた。すごくいい経験が出来た!( ^_^)/
小屏風での練習の後、いよいよ大屏風へ。ここでトップで行かせていただけることになった!この日の為に用意していた0ピン用ヌンチャクを1ピンめに使ってみたり、穴の小さいハーケンに3mmダイニーマーのスリングを通してカラビナをかけたり、と、いろいろやってみた。びっくりしたのはザイルの重さだった。後ろに引っ張られる感じで、登るのにすごい力が必要だった。上に登り着くと、立ち木とメインザイルを利用して支点を2個作り、そこから流動分散で確保支点を作る。必死でやったが、ものすごく時間がかかった。やっと登り出してもらうが、今度はザイルをたぐるのが間に合わない!下から見ていた同じ会の先輩が「ザイルアップ!」と知らせてくれる。ザイルを振り分ける余裕もなく、足元にぐちゃぐちゃに落とした。
Tコーチは2番目に登って来た受講生につきそって、ノーザイルで登って来た。私の作った支点をチェックして下さり、アドバイスもいただけた!(^-^)
ザイルを解いて巻き、歩いて下り、もう1本登る。今度はTコーチのリード。ビレイをさせていただき、(私はノーザイルでは登れないので)受講生2人が登るのを見送った。2人とも上手に登っていた。
ちょうど終了時間となり、Nコーチのコーヒーをいただいたりして少し休憩して、解散となった。
久々に岩に触ったので緊張したけど、いい勉強が出来て良かったです!皆さんお世話になりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »