« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

大分出張<2日目>

大分出張2日目は、冷た〜い雨。今日はロープで降りて調査する役だった。寒いので、絶対濡れたくなかったので、穴が開いてないいい方のカッパを着たが、どろどろになってしまった・・・。(現場は阿蘇の火山灰が積もった場所で、細かい粒子の土がゴアテックスの中にまで入り込み、洗ってもとれなかった・・・。)
お昼過ぎには調査終了!飛行機の時間まで余裕があったので、阿蘇山に立ち寄ることになった。
車で行けるところまで行き、火口まで近ければ火口を見よう・・・という計画だったが、ガスが濃くてほとんど視界がないし、火口までは歩いて片道1時間かかる、ということがわかったので、あきらめた。

阿蘇山のロープウェイ乗り場
ロープウェイ乗り場。運行はしていたが、人影はない

霧の景色
駐車場付近もこのとおり・・・

途中、昼食にリンガーハットでちゃんぽんを食べた。delicious
空港内のレンタカー屋さんで車を返し、大量の荷物とともに再び飛行機に乗って伊丹へと向かった。

飛行機の窓からの景色
窓際の席にしたのに、何もみえなさそう・・・

帰り道こそ阿蘇山を見たいと思って窓側の席にしたが、離陸前に寝てしまったので、結局眺めは楽しめずじまいだった。一緒に行った人によると、結局雲で何も見えなかったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

飛行機に乗って大分県へ

飛行機で大分出張。airplaneshine朝5:30に会社発で伊丹空港へ。
ロープやギアや、カメラなどの大量の荷物があり、重量オーバーですべてを預けることが出来ず、だいぶ機内持ち込みをすることになった。 伊丹空港搭乗待合室

伊丹空港

今回はなんと、生まれて初めてのJクラス sign01周りはアタッシュケースを持ったビジネスマンばかりだったが、私は、京都市のゴミ袋に入った長靴とヘルメットの入ったトートバッグを持ち、穴のあいた作業ズボンをはいていて、だいぶ後悔した。
ひさしぶりの飛行機に緊張して離陸までは起きていたが、このところの睡眠不足によりすぐにぐっすり。着陸の衝撃でやっと目が覚めた。阿蘇熊本空港に到着。
お天気が良かったので、着陸の前には阿蘇山が見えたらしい。

空港からはレンタカーに乗り換え、大分方面へ移動。阿蘇山の外輪山の中を通った。とってもいい眺めだった。
お昼前には現場に到着。ぽかぽか陽気で気持ちよかったが、たまたま本日の現場を見渡せる場所は日陰で、今日は遠景係だったので、日陰にいなくてはならなくなり、寒くてたまらなかった。撮影の合間に体操をして寒さをしのいだ。
夜は大分名物鶏天を食べた。すごく美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

会社に住んでる感じ

月曜日の夜に会社泊で、ほとんど寝ずに火曜日に仕事を仕上げ提出、夕方から荷物を取りに家に帰った。荷物を持って素早く会社に戻り会社泊。
翌朝は早朝から京都市内北部にある橋の点検と、さらに北部にある岩壁の浮石落とし、と2つの現場をハシゴして会社に戻った。夜には千本通りにあるレトロな銭湯「船岡温泉」に入りに行って疲れを癒した。spa
明日は朝5:30会社発で大分に向かう・・・ので会社泊。
た・・・倒れそう・・・(((゚Д゚)))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

今日も会社に泊まり

思ったほど筋肉痛にはならなかった。腸腰筋と僧帽筋、大腿四頭筋、ハムストリングスが少し痛いだけで、歩行に支障はなかった。でもなんとなく消耗した感じでやたらとお腹が減った。
会社に行ってみると、また仕事がてんこ盛り。人生初のフルマラソンを走って消耗しているというのに、また会社の机の裏を眺めながら寝るはめになった。いつもはサーバー側pcを頭にして寝ているが、気分を変えるためfaxtoFAX側を頭にして寝てみた。就寝午前3時。明日の夜からまた仕事のため泊まりなので、夕方に荷物を取りに家に帰らなきゃ・・・sleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

海部川風流マラソン

朝起きたら前日のお寺めぐりで少し足が筋肉痛。このところランニングも山歩きもクライミングもしてなかったからなぁ・・・心配をかかえたまま会場へ向かう。

海部川風流マラソンスタート地点


いよいよスタート(ノ゚ο゚)ノ
会場では緊張のあまりスタートまでに2回もトイレにいった。私は6時間でゴール予定なので、スタート地点よりかなり後ろの方に並んだ。開会セレモニーが始まり、主催者や弘山晴美さんなどゲストの方々の挨拶があった。私の並んでいるあたりからは見えなかった。
気が付いたらどうやらスタートしていたらしい。前の方から走りはじめていた。ぞろぞろと付いていき、開始から1分と少し経ってからスタート地点を通過した。

〜10km地点
K原さんのアドバイスで、7分/kmのペースで30kmまで行く予定。同じペースで走ることを予定しているY崎さんが伴走してくださった。見渡すかぎりの前方はランナーで埋めつくされ、沿道には応援の人たちが並んでいる。応援の声につつまれて走るのは不思議な感じだった。
GPS時計を見ながらペースを保って走る。後ろから次々と抜かれ、全体のかなり後ろの方の位置になった。
会場を出て市街地に近くなると沿道には切れ目なく人が並び、声援もすごくなった。この町にこんなに人が住んでたっけ??と思うほどだった。海部川を渡る手前には両親や知り合いの方の姿も見えた。手をふって挨拶をする。
橋を渡り右岸をさかのぼる。子供の時になんども通った道だ。なつかしい・・・中学校の通学路だ・・・
間もなく第一補給所。ボランティアの方々が手渡してくださったアミノバリューをいただく。shineこのあたりでも知り合いの方たちから「ちゃんと戻って来いよー!!」と声をかけてもらった。

〜15km地点
走ることをそっちのけでY崎さんとしゃべりつつ上流へと走っていく。このあたりでは、まだまだ余裕があった。道はゆるやかにアップダウンを繰り返しながら上流へと続いている。少しずつ川幅が狭くなり、きれいな水が見える。澄み切っていて川底までくっきりと見えた。
中野トンネルの手前で左折し15kmの第一折り返し地点へと向かった。すでに折り返しから戻ってきてさらに上流へと向かっているランナーもいた。
先を走っているK原さん、O倉さん、Y田さんたちが折り返してきてすれ違うだろうと思い、姿を探しながら走った。折り返しのやや手前あたりですれ違った。手を振って挨拶を交わした。
自分たちも折り返してもと来た道を走る。数km戻ったあたりで最終ランナーやbus回収車とすれ違った。

〜25km地点
元の道に戻り、すでに第二折り返し地点から折り返して来ている人達とすれ違いながらさらに上流へ向かっていく。このあたりまで来ると、土地勘がなくなる。子供の時の行動範囲というのはたかが知れているのだな、と思った。
20km地点には係の人がいて、タイムを教えてくれた。そのままのペースで走れば充分4時間台でゴールできるようなタイムだった。
今までの最長ランニング記録が18.9kmぐらいだったので、ここから先は未知の領域・・・shock体がどんな異常をきたすのかわからない・・・すでにハムストリングスと大腿四頭筋あたりがしんどくなり始めていた。
25kmの折り返し地点の手前でだいぶしんどくなり、ここまで一緒に走ってきたY崎さんには先に行ってもらう。Y崎さんは余裕がある走りで、あっという間に見えなくなった。

〜35km地点(;;;´Д`)
折り返してからどんどん事態が悪くなりはじめた。最初ハムストリングスと腸腰筋がつりそうになりはじめ(腸腰筋がつりそうになるなんて初めてだった)次に大腿四頭筋そしてふくらはぎもおかしくなりはじめた。30kmまでは7分/kmのペースを保ったが、足が痛いを通り越して痺れ始め、だんだん遅くなり始めた。ペースは7分30秒ぐらいになり、登り坂では8分/kmぐらいに落ちた。
ここから先は1kmごとの距離表示と補給所を心の支えに走る。すこしずつ残りの距離が減っていくのだけを楽しみに・・・
登り坂で下を向いてとぼとぼ歩いている人を抜く。でも回復して下り坂でまた抜き返される・・・この繰り返しで、走り続ける方がいいのかどうなのかよく分からなくなる。 こういう戦略(?)もマラソンの技術の一つなのかも。
往きに目をつけていた補給所でバナナを2本ももらい、bananaチョコもたくさんもらってポケットに入れて走る。お腹が減ってきた・・・しゃりばてを起こすかもしれない。
32kmにある補給所でトイレに寄った。立ち止まったせいか、さらに足がしびれた感じになる。ここから先は補給所ごとに塩ももらうようにした。
35kmの少し手前には、往きにも応援してくれた知り合いの方がまだいらして、手を握って励ましてくれた・・・(ありがとうございました!!)
知らない方たちも、ナンバーカードを見て名前を呼んで応援してくれた。町をあげて盛り上げよう!という熱い思いが伝わってきた。

ついに走れなくなった
37kmあたりから、どうやら1kmの長さが長くなるらしい・・・なかなか次の看板が出てこなくなる。足の感覚が無くなり、歩いている人たちもなかなか抜けない程のローペースになった。 もう4時間台のゴールは無理だ・・・。沿道の声援に再度励まされるが、もうどうやっても早くは走れない・・・内蔵がねじれるほど苦しんで苦しんでやっと38km地点。
両足が痺れて何が何だか分からないが、どうやら痛いみたいで、息をつめていないと足が動かない。ときどきよろめく・・・
海部川を渡ったスーパー「サンシャイン」前には両親が応援に来ていた。(朝からずっといたのかな・・・??)
道は海の方に曲がり、大里松原海岸の方へと向かう。海の方へ少し走ってやっと「39km」。歩いて回復したらしい人に走って抜きかえされる。なんか変なかぶりものをした人やお遍路さんの仮装をしてる人にも抜かれた・・・もう駄目な感じがした。このまま走ったら確実にあと1kmほどで動けなくなると思い、歩くことにする。

~ゴール
すでに早く歩くことも出来なくなっていた。「がんばって!」「あと少し!」という沿道のせっかくの声援にも答えることができずふらふら歩くのが精一杯。あと2kmになった・・・少しだけ走るが歩いてるのとあまり変わらない上に消耗が激しい感じがするので、また歩く。長いなsad。このへんでゴール地点の放送の声が聞こえてくる。
もう足が前へ出ないので、ナンバ歩き風に歩く。あと残り1km!(もある・・・)少しでも走りたかったが、もう歩くだけでも精一杯・・・まっすぐ歩けない〜。気力だけで歩く。スタッフの人たちが心配そうに声をかけてくれるが、ここまで来てリタイアしたくないので、助けを断り続ける。走ってゴールしたかったが、そんな余裕はまったくない。
阿波踊りが出迎えてくれるが、見ないようにした。結局ぬりかべがナンバ歩きをしているようなへんな歩き方でゴール。

歩いたけど完走
タイムは5時間19分だった。そんなつもりはなかったけどゴールをしてすぐに倒れた。充実感からではなく、しんどすぎて涙がでた。救護の人たちが寄ってきて運んでくれそうになったが、「大丈夫です」とか言いつつ這って逃げた。
特にランニングハイになることもなく、3kmも歩いてしまったために充実感も達成感もない寂しい初マラソンになった。weep

伊勢エビのみそしるを食べる元気も、温泉に入る元気もなく、貧血は起こすし歩けないしして、一緒に行って下さった方たちにはだいぶご迷惑をかけてしまった。もうしわけありません・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

今年の登り初め&お寺巡り

如意輪寺〜中津峰山
朝7時頃起床。Kさんにご案内いただいて、徳島市内の山、中津峰山(773.0m)に登った。
如意輪寺に車を止めて頂上まで往復する。 中津峰山如意輪寺山門
中津峰山如意輪寺山門

大日如来の横顔

如意輪寺から整備された道を歩き、約50分で頂上到着!眺めが良くて、気持ちいい場所だった。半日ぐらいここでごろごろしていてもいいぐらい!(寒いけど)riceball

石垣に囲まれた天津神社
頂上には石垣に囲まれた天津神社がある

中津峰山山頂からの眺め
ものすごく眺めがいい

中津峰山山頂

中津峰山山頂からの眺め

KさんとY崎さんからお菓子を頂き、のんびり景色を楽しんでから下山した。
次はマラソンの会場(私の実家のある町)へ向かい南下する。まずは日和佐(美波町)を目指す。

四国八十八カ所 第二十三番札所 薬王寺
日和佐にある薬王寺に立ち寄る。女厄坂、男厄坂、還暦厄坂と呼ばれる階段を登っていく。
薬王寺階段
厄年の人が一段一段にお賽銭を置いていくようだ

上の方からは日和佐の町と海がよく見える。日和佐の岩場がある岬もよく見えた。
薬王寺からの眺め
左側の岬の向こう側に日和佐の岩場がある

薬王寺瑜祇塔
これが薬王寺の一番高い場所に聳えている「瑜祇塔」

恵比須洞
次は日和佐の岩場に行く途中にある恵比須洞に向かった。
「水平線は丸い」という看板
ここから見える水平線は丸いということを訴えているらしい

丸い水平線
言われてみると丸い(広角レンズでうつしたらもっと丸いだろうな)

太平洋
海まで降りてきた。きれい〜

恵比須洞
これが恵比須洞。岩に穴が開いていて向こうが見える。

恵比須洞全景
恵比須洞の全貌。近くていっぺんに撮れなかったので、つぎはぎ写真でお送りします。しつこいようですが、奥に見える岬の向こう側に日和佐の岩場があります。

太平洋
かえすがえすもきれいな海だ〜

恵比須洞
さっきとは反対からみた恵比須洞

つづいては恵比須洞の近所にあるホテル「白い灯台」の太平洋が見える温泉へ向かう。

白い灯台
ホテル「白い灯台」は白から水色に塗り替えられていた。フロントで入浴券を買い、一階下のお風呂場へ。露天風呂からは太平洋がよく見えた!
お風呂から上がって駐車場に出てみると、先に上がっていた人たちが木陰で飲んでいた。なんだかいい雰囲気だった。
木陰で飲む人たち
バー「木陰」

ウニとビール
ウニを肴に・・・

ホテル「白い灯台」の駐車場の木

全員お風呂から上がったところで、こんどは私の実家を目指してさらに南下をつづけた。

日和佐から40分ほどで実家到着!両親は大量のふとん用意していた。
夕食はお刺身とお寿司と味噌仕立ての猪鍋。知り合いの方が畑を荒らす猪を仕留めたらしい・・・そばの実などを食べていたという猪の肉は全然臭みがなくて美味しかった!delicious
beerご一緒したみなさんは、いつもはどんな山行前にもとことん飲むのに、今日は控え気味だった。う~む・・・フルマラソンはどうやら想像以上に大変そうだ・・・。
10時頃には就寝。

<翌日につづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

金曜夜甲子園口発

日曜日のフルマラソンのため、金曜日の夜に甲子園口に集合し、徳島へ移動することになっていた。
私が着いた時には、先に集合していた人達はすっかり出来上がっていた。私も素早く鶏麺を2杯もいただき、梅酒も飲んだ。
間もなく2軒ほど隣にあるたこ焼き屋に移動。
この店では、生地を鉄板にそそぐところまではお店の人がやってくれるが、あとは自分で焼く形式となっていた。
たこ焼き

ひっくり返すのに四苦八苦し、しつこく一つの球をひっくり返そうとしているうちに、他のが少し焦げたり、完全に火が通ってしまったりして、ひとつもまともな球体が出来上がらなかった。
たこ焼き失敗
見た目はひどいが、食べてみるとおいしかった。

なんだかんだしているうちに、全員集合し、徳島へと出発した。Y崎さんの運転であっという間に徳島到着。
徳島市内のK崎さんのお宅にお世話になった。着いたのが12時過ぎで、3時半ごろまで宴会をした。(K崎さん、ありがとうございました!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

番茶ってすばらしい

Tさんが買ってきてくれた京番茶が会社にあるので、この2日間番茶ばっかり飲んでいる。
実は番茶を飲むのは生まれて初めてだった。まず匂いにびっくり。なんだかなつかしくていい匂い。人によって表現が様々で、「たばこのにおい」「お線香のにおい」「落ち葉を焼くようなにおい」などなど・・・まとめると「冬のお寺の境内の匂い」って感じ。お茶っぱの状態では「たばこのにおい」なのだが、なぜだかいいにおいに感じ、いつまでも嗅いでいたくなる。いったいどんな物質に脳が反応してこんな快楽を感じるのか不思議だった。
飲むと、(私の場合)コーヒーを飲むより元気になるので、カフェインがたくさん入っているのかと思ったら、かなり低カフェインのようだし、体を温める作用もあるみたいなので、とても健康にいいかも~!今度自宅用に買いに行こうと思った。
番茶ってすばらしい!japaneseteaTさんありがとうございます!happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

今朝の岩倉は雪~

また会社泊。昨夜はだいぶ冷えるなと思っていたら、朝起きたら雪で真っ白になっていた。昨日の夜買っておいたカップめんを食べながら雪景色を眺めた。今年は山の雪景色を見てないな~ダムとか法面の雪景色は見たけど・・・
8時過ぎからまた雪が降り始めた。snow
大阪は晴れてるみたいsun早く帰りたいなぁ・・・
岩倉の雪景色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

ナカガイクライミングジム2009/02/15

久しぶりにジムに行った(昨日もちょっとだけ来たけど)。クライミングが初めての会社の同僚T君とK山さんも一緒だった。二人とも「体験クライミング」を受講。最初少しの間とまどっていたが、コーチからアドバイスを受け、なんどもトライしてそれぞれのやり方でどんどんこつをつかみ、最終的にはボルダー4本をレッドポイントし、トラバースルートも距離を伸ばした。初日だというのに7時間ほどジムに滞在。将来が楽しみだなぁ(*^-^)
私の方は指はまだ治ってないけど、思い切って久しぶりに6bのルート3種類に触れてみた。指は痛いし、足は滑るし、保持力落ちてるし、体力は続かないしでさんざんだった。逆にやる気がわいてきた・・・早く指を治して、きちんとジムに通おう・・・なんとかして・・・。
2009年の目標はジムにある6bまでのトラバースルート登りつくしだったんだけど、すでに何もしないまま2ヶ月が過ぎようとしている・・・やばいです。ヘ(°ο°)ノこのままでは坊主にならないといけなくなる〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

雨上がりに40分間ジョギング

久しぶりに打上公園へジョギングに行った。雨が上がったばかりで、蒸し暑くsweat01長袖ではつらい。いよいよ来週となった「海部川風流マラソン」の開催場所は、徳島県の南部でわりと暖かい場所なので、もしかしたら今日みたいに暑いかも・・・念のため山用の速乾性素材の半袖Tシャツも持参しようと思った。
海部川の場所を示す四国の地図
少し早めのペースで40分間で約7kmを走り、消費カロリーは419kcalだった。よれよれになった。
いよいよ来週が本番・・・最後の走り込み期に全く走れず練習不足のまま迎えてしまった・・・こわいな・・・たぶん完走は無理だけど出来るだけ頑張ろうと思う。

本日のランニングメニュー:「40分間ジョギング+WS」
明日のランニングメニュー:「120分間LSD」

〈フルマラソンまであと7日〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

昼飯前に宝ヶ池公園を5周

またまた会社に泊まった。朝早起きして走ろうと思っていたが、8時前まで寝てしまった。ねぼけたままで掃除機をかけていると、Sさんがもう出勤してきて、まもなく社長も出勤。なんだか出かけにくくなってしまった。
それでも昼前に隙を見て脱出ε=ε=ε=ε=ε=┏( :・_・)┛ 宝ヶ池公園に走りに行った。
宝ヶ池公園ではフリスビーの練習をしている人たちがいた。なにか傘立てみたいな物に向かって一心に投げているのだが、どういうことだか見ていても全然分からなかった。
フリスビーと傘立て風の物体
1周1.5kmだけどだいぶ長く感じられるのは、久しぶりのせいか、コースが変化に富んでいるせいか、公園にたくさん人がいるせいなのか・・・
いろいろ眺めるものがあり、走っていて飽きない感じだった。小さい鴨は、人が通るたびに水にもぐってしまう。大人の鴨は大半が自分の背中にくちばしをつっこんで寝ている。アヒルのカップルだけがだいぶテンションが高かった。国際会館の建物は今日も縄文風の威圧感を漂わせて聳えていた。
ちょうど1時間したところで小雨が降り出したので、会社に走って帰った。

昼ご飯はハイライト食堂でわらじのような巨大なハンバーグのセットを食べた。

本日のランニングメニュー:「60分間ジョギング」
明日のランニングメニュー:「40分間ジョギング+WS」

〈フルマラソンまであと8日〉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

仕事忙しすぎ・・・(*人*)

(土曜日)月曜からの現場がずれ込み静岡で仕事。その後夜に会社へ戻り深夜に帰宅。

(日曜日)現場の準備のため、午後から会社へ。そのまま会社泊

(月曜日)白浜~串本に日帰りで仕事に行った。仕事自体はスムーズに終了したけど、帰り道に高速が「緊急工事」をしていて、大きくタイムロス。会社泊。

(火曜日)朝一からK山さんと2人で現場の片づけ。その後は先日行った奈良の現場の報告書作り。自分の分を終え、他の人の分もやり、やっと夕方に終了。
現場に行く直前まで描いていた岩壁の断面図の色塗りをしよう・・・とか思っていると、岩壁の絵を直さなくてはいけなくなり、さらになぜだか月曜日の現場のまとめをまかされることになり、試作をしていて会社泊(先週1週間かかった現場のまとめも私の担当なのに・・・)。会社の机のうらを眺めながら寝るのにはもううんざり・・・

(水曜日)深夜3時にSさんが出勤してきた。その横でころがったまま寝ていたが、どうもプリンターに行くのにじゃまになるようなので、隣の部屋に移動した。
朝からは岩壁の線画をスキャンして色塗り・・・・休日なのに・・・走りたかったのに・・・ジムにはいつから行ってないだっけ・・・お風呂入りたいなぁ〜洗濯したいな〜コンビニのパンは食べ飽きたなぁ・・・
仕事は終わらなかったけど夜8時前には切り上げて帰宅した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

空き時間で40分ジョギング

今朝は8時まで寝てしまった。
たまりにたまった洗濯をしながら、ごはんを食べた。とってもいいお天気なので、数時間で作業着が乾いた。sunhappy01
洗濯が終わったらさっそく走りにいった。昼過ぎには家を出て会社に向かわなければいけないので、40分間のジョギング。久し振りなので、とてもしんどく、1km6分ちょっとのペースでしか走れなかった。フルマラソンの6時間以内の完走はちょっと無理かもしれない・・・weep

本日のランニングメニュー:「40分間ジョギング」
明日のランニングメニュー:「休養」

〈フルマラソンまであと13日〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

静岡出張より、久しぶりに帰宅

静岡の出張が長引き、今日深夜やっと帰宅。日曜の昼から出かけたので、1週間ぶり・・・その間ランニング出来たのは30分のジョギング一回だけだった。
今回の出張では地上勤務の予定だった。最初の4日間はほぼ一人で地上勤務を受け持ち、急斜面から急斜面を走って移動して写真を撮りつつ、川を渡るフィックスロープを張ったり、木に登って枝を切ったりと、結構ハード。
最後の2日間は高さ50mの橋脚からぶら下がった。後で遠景写真を見たら「リラックマ」のデレッとしているときのような足つきでぶら下がっていた。全然いけてない感じだった。1回につき2時間あまりぶら下がっていたので、足がハーネスにしめつけられ、しびれた。

最終日の帰り道、夕暮れ時に大きな富士山が見えたのが印象的だった。

bearingあしたからまた出張とその準備のため、会社に泊まり込み・・・クライミングしたいのに〜!!!
自分の時間がないのがつらいです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »