« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月18日 (日)

北山公園2010/04/18

北山公園に行った。もうシーズンオフになっていて、しかも少し蒸し暑かったためか、他に登りに来ているのは2〜3組程度で、あとはハイキングに来ている家族連れや、カップルやサークルっぽいグループ、小学生の団体などが大勢。
ボルダータワーへ行ってみると、小学生達が沢山岩の上にいたので、岩があくのをしばらく待った。
ボルダータワーらへんでアップ後、バーカーヘッドへ。手を怪我してからはじめてのボルダーだったので不安だったけど、以前登れた課題は全部登れた。でも新しい課題は全然ダメだった・・・(;д;)
仕方ないので、今まで行ったことのない岩を見に行くことにした。
まずテーブルロックへ行き、石切穴ばかりを使って上まで登った。とても高いので、スラブなどに挑戦する気は湧かなかった。
次はインシュリンへ。「鉄人」を少しやってみたけど、左手が使えないと全然ムリ〜!しばらく下でじたばたした挙げ句、あきらめた。

インシュリン
インシュリン。カメラが全然広角じゃないので部分しか写りません

次に火の用心に移動。裏側にある「火の用心ノーマル右」をやってみたくなったけど、途中からホールドを見つけられず、何度も敗退。いったいどうやるんだろ・・・何度かやってしばらく休憩してると、うぐいすがすぐそばにやってきて鳴きはじめた。ぼ〜っとしてると眠くなりそうないい陽気だった。

火の用心
火の用心

その後もしつこく何度もやったけど、ホールドもムーブも発見できず、左手の怪我が悪化していく感じだったので、またバーカーヘッドに戻り、しばらくいろいろトライしたけど、何一つ登れずじまい・・・(;´д`)
まだ早い時間だったけど、帰ることにした

北山池
帰り道の北山池

2010041804
銀水橋のちかくにある看板。いろんなコースがあるみたいです。

2010041805
帰り道の道端の壁。

帰り道に、摂津のジムに寄って少し登って帰った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

備中学力石の絵

201004141

備中の学力石の絵を描きました。ここは5.12a〜なので、私に登れるルートは無いのですが、雰囲気が好きなのでいっぺん描いてみようと思いました。

リードの岩は難しかったです。
写真(撮ったけどうすぐらかったので手ぶれしてよくわからない)と記憶だけでは、あまり上手く再現できませんでした。

また行く機会があったら描き直したいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

雨の備中 :::(;´д`)个 :::2010/04/11

今週も日曜日に日帰りで備中に行くことができた。
天気予報がころころ替わり、行ってみると雨・・・しかも止むことなく降り続いていた。

長屋坂では、私が登れるような傾斜のゆるいルートはびしょびしょで、なんとか「ザグ」だけは登ったけど、あとは怖くて取り付くこともできなかった。ほかの3人の方達が登るのを見学したり、ビレイしたりして過ごした。

昼過ぎに学力石に移動した。行ってみると、取り付きに川が出来ていて、岩は全面べたべた・・・sweat02ぬれてないところが全くないし、水がしたたるほどのぬれかただった。下界ではそんなに雨量がなかったのに、ここではだいぶん降ったみたいだった。

201004111
べたべたの学力石

仕方なく、長屋坂に戻ることになった。長屋坂ではさらに岩の染みだしが進行しており、さっきよりずっとコンディションが悪かった。それでも他の3人の方達は濡れている5.11〜12のルートを、登っていた・・・すごい・・・

薄暗くなる頃に終了。長屋坂のぬるぬるの斜面を下るのが恐ろしかった。長屋坂2往復と学力石1往復で、滑りたくなくてふんばり過ぎたためか翌日足が筋肉痛になった。

今回は登れなかったけど、岩場に行けて、人の登りを見られて楽しかったです!連れて行って下さった皆さんありがとうございました。(・∀・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

久しぶりの備中!〜(◎´∀`)ノ

3ヶ月半ぶりに備中に行くことができた!(・∀・)

この3ヶ月間リードを全然してなかったのと、ちょうど左手を怪我していたのとで、あまり登れなかったけど、新たに長屋坂で「壁の散歩道(5.10b)」が登れたのでうれしかったです!

ご一緒した皆さん、ありがとうございました!

201004031
長屋坂

今度備中に行けたら、「クスクス」と「スプリング」、そして2ルンゼの「奥の手」を登りたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »