2012年7月 9日 (月)

ヤマケイの週刊メルマガ

ヤマケイから、無料のメルマガ(週刊)が出るみたいです。最新の登山道と山小屋情報が、毎週木曜日に配信されるらしい(・∀・)。近頃山に行くことはあんまりないけど、申し込むだけ申し込んでみようーbook

2012070901

http://www.yamakei-online.com/weekly_yamakei/index.html

7月19日創刊とのことです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

ポンポン山リベンジ2009/06/15

先週に引き続きポンポン山に行った。
先週はどうもコースが微妙に違っていた上に、遅すぎたみたいだった。(;;;´Д`)
私のレベルでも、2時間で一周出来るはず!(先週は2時間半)ということだったので、早速リベンジへ!

7:48 川久保バス停
ウォーミングアップがてら、川久保渓谷沿いに集落を歩いてコース起点へ。

7:58 川久保渓谷と川久保尾根コースの分岐(約11kmの周回コース起点)
ゆっくり走り始めた。走り始めはちょっとしんどい。

8:05 本山寺方面分岐
ここから登りがきつくなるので、8割歩く。沢から離れると空気があつい。

8:26 本山山寺前
登山道に入ったらまた走る。階段とちょっと急なところ以外は、ほぼ走る。今日は足に来ない走り方を心がけたので、なんとか前回より走る割合を増やせた。

8:58-9:03 ポンポン山山頂
今日は天気がよく、山頂は暑かった。5分休憩してバナナを食べた。
ポンポン山山頂からの眺め
先週撮りそびれたポンポン山山頂からの眺め

ポンポン山山頂からの眺め
ポンポン山山頂からの眺め

ポンポン山山頂看板
山頂の看板

ポンポン山三角点
三角点はぼろぼろだった

山頂からの下りは気持ちよく走った。今日は足に来ていないので、調子にのってどんどん走っていたら、登山者の方を驚かせてしまった・・・すいません・・・ちょうど「熊出没注意」の看板のあたりだったからなぁ・・・ほんとすいません

9:16 釈迦岳
釈迦岳ピーク前は通過

9:22 大杉
大杉では少し休憩して写真を撮ったが、薄暗かったため、ぶれぶれで使い物にならず。bearing
時計を見るとあと30分で川久保尾根を下りきらないと、目標タイムにならない!もしかして間に合わないかも・・・
気持ちはあせるものの、ここから2つの鉄塔のあたりまで登りが続くので時々歩く。下りになったら、必死で走った。

9:57 道路(周回コース起点)
ぎりぎり2時間で何とか走り切れた・・・1時間59分。ぎりぎりすぎる・・・(=_=)

10:05 川久保バス停
足が痛くないので、道路をどんどん下れる。景色を見る余裕もあった。

10:40 神峰山寺前
2009061505
神峰山寺

ふくろう
道沿いにふくろうがいた。子供のようだった。親からはぐれたんだろうか、と心配だが、何も出来ず。

2009061507
麓では田植えが行われていた。

10:55 原立石バス停
原立石バス停に着いたが、当分バスが来ないようなので、便数の多い上の口バス停まで歩くことにする。

11:00 上の口バス停
11:25 JR高槻駅
12:50 家
今回少し早く走れたのはいいけど、山中滞在時間が2時間というのは、ちょっともったいないな・・・もうちょっとゆっくりした山行もしたいと思った。
とりあえず目標達成してよかったです・・・

20090615map

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

ポンポン山トレイルラン2009/06/08

ポンポン山に走りに行くことにした。
寝屋川の家からbicycle自転車で阪急南茨木駅まで行き(1時間ぐらい)train阪急電車で高槻駅まで出て、そこからbus高槻市営バスで、登山口の一つである「川久保」まで行った。バスからポンポン山を見るとそこだけ雨雲のような雲がかかっていて、ちょっと心配になった。
ポンポン山をよく走っている方から、本山寺〜ポンポン山〜釈迦岳〜川久保尾根のルートが良いと教えて頂いていたので、まずは本山寺を目指した。

7:53 川久保バス停発
神峰山寺(かぶさんじ)と本山寺の方を目指して西に歩く

2009060801
木漏れ日がきれいだった

8:10 東海自然歩道T字路
P264近くのT字路に行き着く。左方向に山を下れば神峰山寺、右に登れば本山寺。右に曲がり、ここから走り始めるが、登る一方の舗装林道はしんどくて、8割歩く。時々左側に登山道が現れるので、なるべくそっちを走った。

2009060802
本山寺前。しめ縄が珍しい感じ。

8:37 本山寺前通過
鳥居越しに手を合わせて通過。なおしばらく舗装林道が続いたが、右に大きく曲がる辺りから登山道になる。登山道はとてもよく整備されており、走りやすい!10度ぐらいの坂や急な階段は歩いたが、緩やかな登りは頑張って走った。
朝早いせいか人がほとんどいなくて、とても静かだった。突然りすが、ものすごい勢いで道を横切り逃げていった。長い胴体を伸び縮みさせて転がるように走る姿はかわいかったが、驚かせて申し訳ない気がした。

2009060803
山頂。この後展望を撮ろうとしたところでカメラの電池が切れた。

9:14-20 ポンポン山(678.8m)
山頂の直前は少しだけガスがかかっていた。頂上からは何とか展望があったので写真を撮ろうとしたが、電池が切れたshockcamera(せっかく充電しておいた電池を忘れてきた)
行動食のキットカットを食べて水を飲んでちょっと休憩した後、頂上にいた人たちに挨拶をして先を目指した。緩やかなアップダウンの尾根路だったので、ずっと走り続けることが出来た。途中で大きな黒っぽい鹿が逃げていった。姿が見えなくなっても、しばらくどたどた走っていく音が聞こえた。

9:34 釈迦岳(631.0m)
頂上に少しだけ立ち寄ったが、休憩せずにそのまま大杉を目指す。下りの登山道には、ぬた場のようにほじくり返されている場所があちこちにあった。

9:42 大杉
大杉は十字路になっていた。「川久保尾根」方向に向かう。
最初は暗い登りの道だったが、鉄塔2つを過ぎるあたりから下る一方になる。緩やかに続く下りの道は気持ちがいいhappy02dash部分的に急になっているところを除いて、ずっと走った。だんだん植林が増えてきたが、薄暗くて気持ち悪いようなところもなくて、いい気分だった。ずっと走っていくと立て札があり、尾根を離れて左方向に谷に降りる。谷に降りる道はちょっと急になっており、気を付けて歩いておりた。足にだいぶ来ていて、ふんばりがあまり効かなくて怖かった。堰堤を乗り越すと、民家の屋根が見え、すぐに道路に到着。

10:24 道路(川久保集落)
足が、がくがくだったので、歩いてバス停へ。人に出会った時だけがまんしてしっかり歩いたけど、あとはふらふら歩きだった。

10:32-35 川久保バス停
しばらく休憩。水を飲んでスニッカーズを一口食べた。次のバスは13:02まで無かったので、山の下にあるバス停まで歩くことにした。
朝にも一度通った道をふらふら歩く

10:55 ふたたび東海自然歩道T字路
ここで神峰山寺と本山寺が好きで、ずっと通っていらっしゃるという方と出会い、しばらく話をした。水羊羹をいただいた。(ありがとうございましたhappy01
舗装道をどんどん下る。足がだいぶ痛い・・・この辺りに来ると、お寺を訪ねるらしき人たちに多数出会う。
神峰山寺の門まで来た。とてもいい雰囲気だったが、本堂へ登って行く元気がなく、門のところで手を合わせて通過した。
さらに下り、集落に入り、用水路沿いの道をずっと歩いた。大きな道に合流したら、すぐにバス停があった。

11:26 原立石バス停
ラッキーなことにすぐにバスが来た。座席に座ってすぐに寝てしまった。

11:58 JR高槻駅
JRを乗り越える為に階段を上るが、ものすごくつらい・・・

12:08 阪急高槻駅
足をひきずってホームへの階段を上がる。すぐに普通電車が来た。昼間なので座れた。

12:23 阪急南茨木駅
家までの自転車が本日の核心だった。ふらふらだった。いつもは登れる坂道も、自転車を降りて押して歩いた。

13:25 家
お腹が減っていたので、家にある適当なものを食べてbananaちょっと横になったら、そのまま朝までぐっすりねてしまった・・・自分でもびっくりした。このあいだ交野〜飯盛山〜四条畷20kmに行った時より走った(?歩いた?)距離は短いはずなのに。

ポンポン山今日のランニングコース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

交野山クリーンハイク

「全国一斉クリーンハイク」で、交野山に行った。
自転車で行き、河内磐船駅前の駐輪場(一日100円)に預けて参加。
9時過ぎに駅前を出発して、ゴミを拾いながら歩く。山にはいるとほとんどゴミがないので、道中の道路でせっせとゴミをひろった。空き缶やたばこの吸い殻が多い。
うちの会の担当は「石仏の道」で、登山道に入るまで長いあいだ道路を歩く。ゴミ袋はあっという間に一杯になった。

2009060601
「石仏の道」の入り口にある石仏

今日は曇りなので涼しくて気持ちいい。ゴミをさがしながらゆっくり登るが、全くといっていいぐらいゴミは見つからなかった。
2009060602
緑がきれい

休みながらのぼったのに、ゴミがないためあっという間に白旗池に着いた。ここで集会が行われるまでの間にゆっくりごはんを食べた。
2009060603
低山だけど眺めがいい!

家に帰ったらまだ14:00だったので、一休みしてからジムに行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

今年の登り初め&お寺巡り

如意輪寺〜中津峰山
朝7時頃起床。Kさんにご案内いただいて、徳島市内の山、中津峰山(773.0m)に登った。
如意輪寺に車を止めて頂上まで往復する。 中津峰山如意輪寺山門
中津峰山如意輪寺山門

大日如来の横顔

如意輪寺から整備された道を歩き、約50分で頂上到着!眺めが良くて、気持ちいい場所だった。半日ぐらいここでごろごろしていてもいいぐらい!(寒いけど)riceball

石垣に囲まれた天津神社
頂上には石垣に囲まれた天津神社がある

中津峰山山頂からの眺め
ものすごく眺めがいい

中津峰山山頂

中津峰山山頂からの眺め

KさんとY崎さんからお菓子を頂き、のんびり景色を楽しんでから下山した。
次はマラソンの会場(私の実家のある町)へ向かい南下する。まずは日和佐(美波町)を目指す。

四国八十八カ所 第二十三番札所 薬王寺
日和佐にある薬王寺に立ち寄る。女厄坂、男厄坂、還暦厄坂と呼ばれる階段を登っていく。
薬王寺階段
厄年の人が一段一段にお賽銭を置いていくようだ

上の方からは日和佐の町と海がよく見える。日和佐の岩場がある岬もよく見えた。
薬王寺からの眺め
左側の岬の向こう側に日和佐の岩場がある

薬王寺瑜祇塔
これが薬王寺の一番高い場所に聳えている「瑜祇塔」

恵比須洞
次は日和佐の岩場に行く途中にある恵比須洞に向かった。
「水平線は丸い」という看板
ここから見える水平線は丸いということを訴えているらしい

丸い水平線
言われてみると丸い(広角レンズでうつしたらもっと丸いだろうな)

太平洋
海まで降りてきた。きれい〜

恵比須洞
これが恵比須洞。岩に穴が開いていて向こうが見える。

恵比須洞全景
恵比須洞の全貌。近くていっぺんに撮れなかったので、つぎはぎ写真でお送りします。しつこいようですが、奥に見える岬の向こう側に日和佐の岩場があります。

太平洋
かえすがえすもきれいな海だ〜

恵比須洞
さっきとは反対からみた恵比須洞

つづいては恵比須洞の近所にあるホテル「白い灯台」の太平洋が見える温泉へ向かう。

白い灯台
ホテル「白い灯台」は白から水色に塗り替えられていた。フロントで入浴券を買い、一階下のお風呂場へ。露天風呂からは太平洋がよく見えた!
お風呂から上がって駐車場に出てみると、先に上がっていた人たちが木陰で飲んでいた。なんだかいい雰囲気だった。
木陰で飲む人たち
バー「木陰」

ウニとビール
ウニを肴に・・・

ホテル「白い灯台」の駐車場の木

全員お風呂から上がったところで、こんどは私の実家を目指してさらに南下をつづけた。

日和佐から40分ほどで実家到着!両親は大量のふとん用意していた。
夕食はお刺身とお寿司と味噌仕立ての猪鍋。知り合いの方が畑を荒らす猪を仕留めたらしい・・・そばの実などを食べていたという猪の肉は全然臭みがなくて美味しかった!delicious
beerご一緒したみなさんは、いつもはどんな山行前にもとことん飲むのに、今日は控え気味だった。う~む・・・フルマラソンはどうやら想像以上に大変そうだ・・・。
10時頃には就寝。

<翌日につづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

白馬岳〈4日目〉2008/08/30

いよいよ最終日。今日は下るだけなので、気が楽〜。
5:30-朝食
のこった食材をすべてつぎ込んでラーメンライス(?)を作成。醤油味インスタントラーメンに昨日のお弁当の残りのご飯と鮭を投入。先日大池小屋の朝食で余っていた海苔も投入。海苔と鮭がラーメンに良く合っておいしかった。(・∀・)
7:00出発
2008083001
福田平八郎の絵のようなさざ波が

2008083002
さよなら大池小屋!また来ますヽ(´▽`)/

7:30乗鞍岳のケルン通過
道をすこし外れたところに、遭難碑があったので、寄っていく。三角点もそこにあった。
2008083003
ケルン

2008083004
雪田

2008083005
栂池自然園が見えた


8:43-9:23雨宿り
樹林帯に入ったあたりで、また雨が降り出した。カッパを持っていたけど、木陰で雨宿り。カッパを着込んで、ザックカバーをした。そのままぼんやり雨が降るのを眺めながら雨宿りをしていた。虫も雨宿りをしに木陰に集まってきた。
この状況では、登りでばてている人に見えたにちがいない。通りがかりの人がお菓子をくれた。
10:00自然園駅到着
ロープウェイでどんどん下山。降り続く雨で曇ったガラス越しに白馬が見えた。こんどは冬の白馬主稜に登りたいなぁ・・・
2008083006
白馬・・・?だと思う

11:20-12:00栂の湯
ゴンドラ乗り場の駐車場内にある栂の湯に浸かって疲れと汚れを取ってさっぱりした。

その後長野市内で夜まで事務仕事をしてから関西に向け出発。途中のSAで寝て行き、会社には午前中に到着。そのまま少し仕事をした後、自宅に帰った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

白馬岳〈3日目〉2008/08/29

5:30-朝食
今朝も「おはよう日本」を見ながら朝食。事前の調べでは、朝食はバイキングということだったが、今日は私たち2人だけだったせいか普通に出てきた。
6:45頂上宿舎出発〈2730m〉
頼んであったお弁当をいただき(・∀・)きょうも仕事現場へ向かう。今日は仕事の後帰る予定なので、小屋を引き払って荷物を全部背負っていく。現場は400m程下った場所にあり、また登り返してこないといけないので、荷物は2600m地点にデポした。お天気はまずまずで作業がはかどりそう!
2008082901
ハイジが走ってそうな斜面

2008082903
いもむし状の岩

2008082904
登ってみたいなぁ・・・でももろそうなので、冬でないとだめかも・・・

7:10デポ地点〈2600m〉
作業道具とお弁当を持ってどんどん下る。天気がよさそうだと思ったのは間違いで、時々小雨に見舞われながらの作業となった。
2008082902

2008082905
だいぶ下まで降りました。

10:30-11:30デポ地点でお昼〈2600m〉
仕事を済ませ、デポ地点に戻ってきた。お天気はまだまだ不安定で雨もぱらついていたが、かまわずお弁当を広げ、コーヒーを入れゆっくり過ごした。
2008082906
お花畑

11:45-50頂上宿舎前
重い荷物を背負って130m登り返した(;;;´Д`)・・・頂上小屋にあいさつをして、さらに白馬山荘〜白馬岳へと一気に登っていく。
2008082907
頂上宿舎を振り返って見る


2008082908
白馬山荘へ向かう(要塞みたい)


白馬山荘を通り過ぎたあたりから振り返って見ると、立山連峰が見えた。剣岳がひときわとんがって聳えていた。
2008082909
白馬山荘を振り返って見る。遠くに剣岳が見えた


2008082910
あっ昨日の石碑だ

12:33-43白馬岳〈2932.2m〉
お天気が心配ではあるが、今日は大池小屋までなのでゆっくりしていく。
2008082911
白馬岳山頂からの眺め

2008082912
これから歩く稜線が見える。気持ちの良い稜線歩きが期待できそう!

13:24三国境通過
2008082913
雲がだいぶ下に見える

2008082914
天空の散歩道という感じ!

2008082915
ハイマツというより、のしマツ

14:20小蓮華岳通過
小蓮華岳を過ぎてまもなく雨が降り始めた。降り止みそうもないので、途中でカッパを着た。
2008082916
雨に煙る大池と大池小屋

15:45白馬大池小屋到着
2008082917
大池小屋に帰ってきました。

大池小屋到着。雨が降っていたので小屋の休憩所をお借りしてラーメンを作って食べた。(親切にしていただいて、ありがとうございました!)その間にテントも設営。休憩所でゆっくり休ませていただいてからテントに戻り、早い内に就寝。

翌日につづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

白馬岳〈2日目〉2008/08/28

5:30-朝食
朝ご飯はおかずが一杯あったので、ご飯を2杯も食べてしまう。(´∀`)ノ食堂にはテレビがあり、NHKの「おはよう日本」が流れていた。山でテレビを見るなんて初めてだった。
6:30白馬大池山荘出発
ご飯の後は、片づけして荷造りして出発。小屋の前の広場を通り過ぎ、左手に白馬大池を見ながらゆるやかな斜面を登る。大池の向こうには昨日通過してきた乗鞍のピークが見えた。
2008082801
振り返って見た白馬大池小屋

2008082802
乗鞍の方を眺める。真ん中あたりのとんがったものはケルン。

何度も振り返って、ガスの合間に見える白馬大池を写真に撮った。 2008082803
ガスの間から見える白馬大池と小屋

7:25船越ノ頭通過
特になんの表示もないが、きっと船越ノ頭だろうというピークを通過。このピークを過ぎてから雷鳥の家族連れに何組も出会う。子供はだいたい4羽ぐらい。かない大きくなっており、親と見分けが付かない。
2008082804
どれが母親だか分からない

8:15小蓮華山〈2565m〉
新潟県最高峰の小蓮華山を通過。最近陥没し3m程低くなったらしい。陥没前と全然山容が変わっている、ということだった。鉄の剣のようなものも倒れていた。
2008082805
小蓮華山の頂上は立ち入り禁止


2008082806
ガスの晴れ間から見える展望(´▽`)/

9:00-9:05三国境〈2751m〉
三国境に到着。新潟県、富山県、長野県の県境だそうだ。長野側でちょっと休憩した。
2008082807
長野県から見た三国境

9:45-9:50白馬岳〈2932.2m〉
ガスが濃くて視界は10mぐらいだった。展望のいい山だと聞いていたのに残念だった・・・。
2008082808
白馬頂上

9:59松沢貞逸顕彰碑(なんて読むのか分かんない・・・)
2008082809
ガスの中、突然現れた石碑

10:05-10:10白馬山荘〈2832m〉
雨が降り始め強くなって来たので、軒先でカッパを着た。雨なのと平日なのとで、全く人影がなく、まるで営業していないように見える。
10:20-11:45白馬岳頂上宿舎〈2730m〉
白馬岳頂上宿舎に荷物を置いて休憩。まだ時間が早いせいなのか、宿泊客の気配もなく、1部屋貸し切り状態だった。サブザックに仕事道具を詰め替え仕事へ・・・。途中でお昼ご飯にラーメンを作って食べた。noodle
2008082810

17:00白馬岳頂上宿舎
カッパを着ていても雨でびしょぬれになっていた。乾燥室に直行して、荷物を広げまくる。宿泊しているのは、ほんの数人なので、広げたい放題だった。
荷物はそのままにして夕食へ。テント泊とちがってなにもかもが楽!(◎´∀`)ノテレビを見ながら夕食を食べ、乾燥室に戻るとカッパはすっかり乾いていた。ついでに自分も乾かそうと、そのまま乾燥室でパソコン作業をした。あったかくて非常に快適だった。自分が乾いたところで、談話室に移動してそのまま消灯時間の21:00ぎりぎりまで仕事をした。

翌日につづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

白馬岳〈1日目〉2008/08/27

仕事で北アルプスの白馬岳へ。

栂池高原からゴンドラとリフトを乗り継いで栂池自然園に一気に登る。ゴンドラリフト代は片道1720円プラス荷物券300円で2020円かかった。往復券だと行き帰りで3600円ですむのだが、3日以内に帰ってこなければいけない。帰りは30日の予定なので片道券となった。
2008082701
栂池ヒュッテ

13:00登山口
栂池自然園のゴンドラを下り、栂池ヒュッテの前を通り過ぎて、売店横から登山道に入った。今日のところは白馬大池泊まりなのでここからは3時間30分程の予定。パソコンと昨夜のビジネスホテル(一泊3500円!)で汲んだ水4Lが重い・・・。隊長のNさんは水8Lぐらいと、テントを持っているが何ともなさそうに歩いている。
2008082702
天狗原(てんぐっぱら)「隊長ー!まって・・・」

14:04天狗原(2180m)通過
木道を歩き、天狗原の看板前を通過。しばらく歩くと木道が途切れ、ふつうの登山道になった。進んでいくと石がごろごろしている感じの道になり、石の上を飛んで歩く感じになる。重い荷物を背負って飛び移ると、バランスを取るために腹筋をだいぶ使うようで、いいトレーニングになった。
14:44雪田通過(2340m)
雪田の端には小さいシュルンド的な空洞があったり、氷になっていたりするので、雪田に降りる場所には気を遣った。バランスに気をつけながら、慎重に通過。
15:10乗鞍岳(2426m)
大きいコンクリートで固めたケルンのあるところを通過。ここが本当のピークというわけではないようだ。N隊長は荷物を背負ったままケルンに登っていた。ガスが濃いので、何の展望もない。少し歩くとすぐにケルンも見えなくなった。
頂上から少し降りるとまたごろごろした石の上を飛んで歩く道になった。安山岩という石らしい。
2008082704
白馬大池

やっと池が見えた。ガスを透かして見ると、池の向こう岸に白馬大池山荘らしきものがうっすらと見えた。幻想的でひっそりしていていい感じ!
2008082703
ガスが薄くなった瞬間に見えた白馬大池山荘

2008082705
幻想的な白馬大池

池の縁をまわりこみ黙々と歩いている間にまたガスが濃くなり、視界が悪くなる。大池山荘の15mぐらい手前に来るまで建物が見えなかった。
小屋にチェックイン!営業小屋に泊まるのは初めてなのでワクワクする。天気が悪いのと平日なのとで、他にとまっているのは2〜3組ぐらいだった。ひろびろとしたスペースに荷物を広げ、布団も広げ一休み。テント泊と違ってなんにも用事がない。仕事の資料に目を通したりして夕食までの時間をつぶす。
夕ご飯はカレーだった。しかもエビフライが2つも付いていて、カレールーとごはんがお代わり自由だった。豪華だなぁ・・・。
ご飯終了後ちょっとの休みのつもりで横になったが、そのまま朝までぐっすり寝てしまった。前日長野市内のネットカフェで遅くまで調べ物をしていたので、疲れていたみたいだった。

翌日につづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

私市で読図練習

お盆休みだというのに、巻爪手術から完全に回復していないため、全然山に行けないので、雰囲気だけでも味わおうと私市へ行った。
春に読図教室でもらったオリエンテーリング地図を持って行き、オリエンテーリングのポストを探して歩いてみた。
地図とコンパスを見ていると、親切な人達が「迷ったんか?」「大丈夫か?」と次々と心配そうに声をかけてくれた。

20070812

| | コメント (0) | トラックバック (0)